[トラごんのコロナ講義]日本はPCRが十分じゃなくても医療崩壊しない理由

コロナが猛威を奮っていますが、

幸い日本ではまだそこまで死者は出ておりません。

(コロナで亡くなった方にはお悔やみを申し上げます)

 

その理由を紐解いてみると、

そこには日本独自の背景がありました。

 

それは、「CTの普及」です。

 

CT:Computed Tomography

とは、X線を用いて体の断面を見る検査です。

 

特に、新型コロナの場合、検査時に

CT検査で、肺の部分にすりがらす状の影があると重症化しやすいのですが、

この検査をコロナ疑い患者さんに対してバンバンできている。

そのため、陽性患者さんにすぐに入院してもらうことができる。

 

その理由なのが、日本の百万人あたりCT台数は100台越えで世界一位!!

アメリカは百万人あたりCT台数は50台いかないくらいなので、

単純計算で2倍以上!!

 

今マスコミ等は「PCR検査を増やせ」「抗体検査をしろ」と騒いでいますが、

実は、PCR検査や抗体検査には弱点があります。

 

PCR検査は感度が悪いのと、無症状が多いのがデメリット。

感度が悪いとは、検査で陽性と出ても、実際は陰性のときが多いということ。

また、無症状者の場合、検査をしてもちゃんと陽性と出ることが十分多くないのです。

ただ、他に検査する方法もありませんので、これをやるしかないです。

 

抗体検査の場合、今のところあまり精度が良くないのです。

特に初期段階では、中国から抗体を輸入して検査をしている病院もありましたが、

あまり精度が良くないので、PCR一本にしているところもあるようです。

今、精度を高めているところです。

 

 

これを見ると、日本は大丈夫なように思えますが、

検査台数も医療体制もいっぱいいっぱいの状態です。

 

おそらくコロナ収束は一年、学校再開は3ヶ月は先でしょうが、

医療体制が崩壊したらそれこそ日本は終わりです。

 

みなさんで乗り切っていきましょう。