[‘19中東周遊]トラごんの“クウェート行くならコレ見といて!!”PART2~日帰りクウェート観光~

クウェート編PART2です。

今回は観光編。

グランドモスク、クウェートタワー、フィッシュマーケット、スーク・シャークへ。

f:id:toragonzares:20200213000541j:plain

上記のバス停(Mcdonald's Qibla Block 9)で降り、

まずグランドモスクへ。

 

注:モスクではよくあることだが、外国人の入場可能時間は決まっていて、ツアー形式で見学させていただく。

僕が行った2019年現在は17時からであったが、確認してプランニングして欲しい。

僕は確認しないで行ったせいで、最初に行った時間には入れず、後でもう一回ここへ戻って来ることになった。

 

17時前に着くと、待合室に通され、そこでは水やオレンジジュースを飲むことができる。めちゃめちゃありがたい。アラブの夏は暑すぎて、汗が噴出するし、買っておいた水もとっくになくなっていた。

 

時間になると、モスクの中に通される。中はすっごくでかい。装飾もすごい。

天井は金色から青色まで鮮やかな色彩で埋め尽くされ、

アラブ調、またべつのところはペルシャ調が施されている。

 また、モスクは教育的側面を持っており、あたかも寺子屋のようだ。

机もずらーっとならべられており、壮観である。

解説してくれたのはアメリカ出身のオッチャンで、ユーモラス。

ジョークたっぷりで聞き応えたっぷりだ。

f:id:toragonzares:20200101151702j:plain

 

再び待合室へ戻り、水やオレンジジュースをもらってから出発。

いたせり尽せり、本当にありがたい。

 

さて、だいぶ日も傾いてきたので、夕陽を見に海岸沿いへ。(上の地図の赤矢印)

DIckson House Museum(クウェート危機時に活躍した英国人)は、

当時存在を知らなかったのでパスし、そのまま港へ。

f:id:toragonzares:20200215121334j:plain

港はこの地図の左上部分だ。

f:id:toragonzares:20191225154055j:plain

古い木船が溜まっており、その遥か遠くから夕陽が差し込んでとても綺麗だ。

船旗がとてもよく映える。

その横には魚市場があって、時間帯によっては積み下ろし風景も見れる。

ここだけ見たら、クウェートが漁師町といっても不思議ではない。

f:id:toragonzares:20191225154150j:plain

フィッシュ・マーケット

魚市場も覗いてみると、見たことのない魚が所狭しと並ぶ。

全体的に、サイズがバカでかい。日本の魚市場とはまた違うので、

ぜひ訪れてみて欲しい。

日本人はとても珍しいので、自分の方がじろじろ見られてしまうが。

f:id:toragonzares:20191225154215j:plain

 

さて、市場を抜けると、巨大なショッピングモール、スーク・シャークがある。

とてもオシャレで、まず水時計が迎えてくれ、スタバや高級ブランド店なども軒を連ねる。

残念ながら、民族的なお土産屋さんは全く見つからなかったが、

インフォメーションでは頼めば手荷物一時預かりもしてくれるので、

涼みがてらショッピングするのもオススメだ。

 

ショッピングモールを挟んで海岸側に出ると、

そこは地元民たちの憩いの場。

釣りをしている人、談笑するカップルなど、現地の生活を垣間見ることができ、

散歩していて楽しい。

特にカップルや夫婦で訪れるなら、景色・雰囲気もいいので、ぜひ行くべき。

f:id:toragonzares:20200215123053j:plain

 

そろそろ、クウェート最大の見どころ、クウェートタワーに行こう。

ここから一本道だが、少し距離はある。徒歩で30分はかかる。

もし疲れていたら、タクシーを使っても良さそう。

ただ、景色はいいので、散歩がてら歩くのがオススメだ。(日中なら暑すぎて無理かも)

f:id:toragonzares:20200215123408j:plain
写真のような、日本でいうなら横浜・みなとみらい、あるいは神戸のような街並みを

右手に望み、左手にビーチやウォーターワールド、海岸沿いの食堂、子供向け遊園地などを見かけながら進むと、

変わった形が目を引くタワーが現れる。(すぐ上の写真の一番左のちっちゃいやつ)

高さはあまりないが、とても綺麗なシンボルマークだ。

f:id:toragonzares:20191225154318j:plain

このうち2つは給水塔で、一番高い塔に登ることができる。

ちなみに手荷物検査があって、水などは没収されるから気をつけて。

エレベーターで上に着くと、床がゆっくりとぐるぐる回っていて、

動かなくても一面の景色をみることができる。

f:id:toragonzares:20200215124355j:plain

クウェートは、思っていたより全然都会で、摩天楼はため息がつくほど美しい。

ぜひ登って欲しい。昼なら、青く澄み渡った海とのコントラストがはっきり見れる。

 

そろそろ空港に戻ろう。さっきのマップの赤線に沿ってバス停まで20分ほどだ。

ただ、夜は空港までのバスがないことが多いので、その場合はタクシーで向かおう。

相場は8KWDからだ。